Terminator Salvation/ターミネーター4 (2009)

メインの2人の俳優がいい。これに尽きる。

1につなげるための話としてかなり完成度は高い。北斗の拳の世界のような荒廃した世界もいい。


ターミネーター工場でジョンコナーとカイルが出会うシーンが最大の見所かな。

"I'll Be Back"だけでなく"Come With Me If You Wanna Live"はターミネーターの世界のキーワードなんだと今回気づいた。カイル少年もきちんと口にする。


開発前の時代なのでT-1000やT-Xなどの新型ターミネーターは登場しないが、バイク型のモトターミネーターは魅力的。見せ方もスムーズ。技術の進歩がようやくターミネーターの世界に追いついた。

モトターミネーターを呼び寄せるためにT2の主題歌をラジカセでかけるシーン。こういうターミネーターシリーズファンへの些細な配慮も心地よい。

T1-4までシリーズ通して必ずバイクが出てくる。北斗の拳もしかり。映画におけるバイクという乗り物の重要さを再確認。