The Elephant Man (1980)

なんとも重くて悲しい映画。


醜いモノを醜いと感じるのは仕方のないこと。それを言葉に出したり、露骨に表情に表したりするのは「醜い」行為だと思う。

「醜いルックスの中に清い魂」という設定もなんだか古く感じる。


答えが一つではなく観た人の数だけ、解釈がある映画なので映画好き同士で語るには最高の題材。

感動したという人にはどこでどう感動したか聞いてみたいし、

偽善だと思う人には誰がどう偽善なのかを問うてみたい。


観た事すら忘れ去る映画が多い中で間違いなく記憶に残る作品。それだけは間違いない。