最近嬉しかった事

椎名林檎の「ありあまる富」。最近の曲の中ではダントツの名曲。コード進行がギター弾きのつぼを刺激する。

耳コピはできなそうなので、ネット上のタブ譜をみながらギターを弾いて遊んでいたら、聞き覚えのある名前を発見。

作曲 椎名林檎、いまみちともたか。

編曲 いまみちともたか。


イマサ健在です!


もちろん音源内ではギターも弾いている、イマサが弾いていると思うとまた違って聞こえ、「どうりでかっこいいはずだ」となる。

天才x天才の融合は本物の名曲を生む。


椎名林檎がバービーボーイズ好きなのは知っていたが、こうやってイマサが制作面にからんでいるとは知らなかった。

最も過小評価されている日本のギタリスト、作曲家だと僕は思っている。

いまみちともたか、「80年代に活躍した人」にしてしまうには惜しい日本の宝。

今後もバービーボーイズの良さは絶対にすたれる事はないし、語り継ぐべきバンド。

前にも書いたかもしれないが4枚目のアルバム「Listen!」は本当に捨て曲のない完璧なアルバム。


聴いてきた音楽が親となり、音楽家の体内を通して子となる。ありあまる富からはそれを感じた。

こうやって富は受け継がれていく。

しかも親を自分の意志で選べるという素晴らしさ。なんという贅沢な世界。


今までは林檎さんの中で最も好きな曲を挙げなさいと言われても迷っていたが、これからは躊躇なく「ありあまる富」と答える。理由も明確。

椎名林檎といまみちともたかの組み合わせはそれだけ強烈。