午前3時の無法地帯 (2013)

久々の当たりドラマ。

主演本田翼・相手役オダギリジョー。肝となる同僚役の男性4人も不愉快な出過ぎた感じは一切なく、キャストがよいので話にスーっと入り込める。

チープな中高生向け恋愛モノは絶対に見ないが、このタイトルは間違いないと確信し、終止安心しながら観ることができた。二時間半の長丁場、普通なら二回に分けて観るケースが多いが一気に最後まで観る事ができた。淡々と話は進むので飽きさせないように細かいシュールな笑いを随所に入れてくれた監督さんのセンスに脱帽。正直40過ぎて青春全開の恋愛ものは直視できないのでこれくらいがちょうどいい。


女の子の可愛さを前面に出さないキャラ設定が良かった。それでも出てしまうんだけどね、本物の人は。

オダギリジョーが翼ちゃんの髪を洗うシーンが実に良かった。洗う方も洗われる方も双方楽しんでるのが画面から滲み出てた。


お金はかかってない分、細かい気配りが行き渡っていて雰囲気のよいさっぱりとしたいいドラマだと思う。

何が良いかって見たい人だけ見ればいい、わかる人だけわかってくれればいいという姿勢が端々から感じられて多いに気に入った。大衆迎合の要素はゼロ、素晴らしいことです。